信用金庫というもの

信用金庫とは

銀行だけが金融機関ではありません。金融機関としての役割を担っている金融機関は銀行ばかりでなく、その他にも数多く存在します。その中の一つが信用金庫です。信用金庫は会員制度で協同組織を形作る銀行とは一味違う金融機関です。


信用金庫は、地域の中小企業や個人が利用者(会員)となり、会員同士がお互いに助け合いながら地域発展に努めるということを目的とした金融機関です。信用金庫は、独国の信用金庫がモデルとされ、1951年に制定された信用金庫法に基づいて運営されます。


金融機関が銀行だけですと、地方で集められた預金のほとんどは都市部の大企業に集中的に融資され、その結果、地方から都市へとお金が集中し、都市と地方の格差が拡大するということになりました。この格差を解消することを目的とし、地域に密着した金融機関としての役割を担って誕生したものが信用金庫なのです。詳述:信用金庫 定期預金の金利の比較


銀行は、銀行法で運営されますが、信用金庫は、信用金庫法による法人です。信用金庫の特徴として、ある特定の地域に密接に関係した営業を行っていることです。信用金庫の基本的なスタンスは、地域の発展に資するということです。営業を行うところは、限定的で、預かった資金は、地域の発展に費やされます。


信用金庫は、銀行と同様に預金や融資、そして保険などいろいろな業務を行いますが、その業務のあり方は、銀行と異なります。預金に関しては、会員はもちろんのこと、会員以外からでも受け付けていて、普通預金や積立預金もありますが、何と言っても定期預金が主軸商品となっているのが特徴です。


また、信用金庫のキャッシュカードを所持していれば、全国津々浦々の信用金庫ATMが手数料無料で使える「ゼロネットサービス」という信用金庫ならではのサービスを受けられます。信用金庫の融資対象は、原則として会員限定ですが、ただし、小口融資の場合は、会員以外からでも広く利用できるようになっています。


そして、地方公共団体にも融資を行っているほか、銀行から融資が受けにくい中小企業に対してより積極的に融資しているのが信用金庫なのです。信用金庫は、地域の発展と活性化、そして起業などサポートを行う金融機関なのです。