貸金庫の活用方法

貸金庫の利用方法

貸金庫の利用方法は、各銀行等金融機関によって細かく決まりが定められているところもあるためそれぞれ確認が必要となりますが、ここでは一般的に考えられる利用方法についてご紹介していきます。


貸金庫を利用するには、まず申込みを済ませた後暗証番号と専用の鍵、またはカード等貸金庫の開閉に必要なものが揃っていることを確認します。専用の鍵やカードの保管についてはもちろん、大切な資産や書類を保管しておくものですから、暗証番号の管理についても十分に注意しておきましょう。


実際に貸金庫の開閉を行ったり、中に保管している品々を整理したりしたい時には、専用の個室を利用できるところがほとんどで、プライバシーはきちんと守られるようになっています。専用の個室に入って暗証番号等を入力すると、自動的に自分の貸金庫の保管箱が手元に運ばれてくる、というものもあります。この場合、自動的に運ばれてきた保管箱を専用の鍵を用いて開閉し、中の所有物を管理することになります。


また、前述のように全て自動で自分の貸金庫の保管箱が手元に運ばれてくるものでない場合には、自分で貸金庫室に入って自分の保管箱を取り出し、自らの手で専用の個室やブースに運んで中の所有物を管理することになります。貸金庫室に入る際にはもちろん、専用の暗証番号やカード等が必要になります。自分で保管箱を探しに行く手間はありますが、それでもこちらも安全性やプライバシーはきちんと守られるようになっています。


いずれにしても、一度専用の鍵やカードを受け取り、暗証番号を設定すればその後の利用方法は非常に簡単で安全性も保証されていますので安心です。


利用時間も各銀行等金融機関によって異なりますが、一般的にみて全て自動で貸金庫の管理ができるものが最も利用可能時間が長くなっているようです。基本的には銀行等金融機関の営業時間内が貸金庫の利用可能時間としているところも多くあります。


貸金庫は、一度一定の管理費を支払えば何度開閉しても追加の料金がかかることはありませんので、便利に利用することができそうです。