信用金庫というもの

信用金庫の業務とは

信用金庫は、地域の中小企業や住民のために資する協同組織で、地域に根付いた金融機関と言えます。信用金庫は、相互扶助の精神が理念となっていますので、銀行と同じような機能を持ちながら、金融機関として使い勝手の良さや公共的な役割を担いながら、信用金庫の会員や地域の要望に沿ったサービスをできるだけ提供することが信用金庫の使命と言えます。


また、信用金庫は特定の地域の人々が利用者であり、会員となりますので、それらの人々は、お互い地域のために助け合いながら地域の発展に寄与することになります。信用金庫は、それ故に、利益優先の金融機関ではなく、会員と地域の利益が第一に優先されます。


預かった預金は、全て地域のために役立てることを目的とします。そして、信用金庫は、或る特定の地域内の中小企業や人々が会員となります。融資は、原則会員に行われますが、700万円以下ならば会員以外の融資も認められていて、また、預金は、誰からでも広く募ることが可能です。


信用金庫の会員になるには、特別な条件はありません。地域に貢献する金融機関が信用金庫ですので、信用金庫の事業地域に住んでいるか、或いは勤務しているか、中小企業の事業を行っていることが会員の条件と言えば条件です。信用金庫の会員は誰でもなれます。


信用金庫の会員になるには、窓口で出資金(1万円以上)を購入すれば、誰でも会員になれます。しかし、信用金庫は、中小企業のための金融機関ですので、従業員が300人かつ資本金が9億円を超える事業先は信用金庫の会員になることはできません。


預金商品は、例えば、普通預金の預入金は1円以上から、いつでも払戻が可能です。個人の場合は、総合口座の取り扱いが行えます。また、各種定期預金もそろっています。


金利は、大手都市銀行並みであまりいいとは言えません。預金者1人あたり元本1000万円とその利息分は預金保険制度の対象になります。公共料金などの自動支払い及び給与などの自動受取にも対応します。融資に関しては、住宅ローンなどをATMで借入でき、教育資金は、在学中は利息の支払いのみというしんきん教育カードローンなど、さまざまな種類のローンが揃っています。詳述:しんきん教育カードローン【夢応援】|長岡信用金庫|NAGAOKA SHINKIN BANK