貸金庫の活用方法

貸金庫とは

金庫といえば、その名の通り大切なお金を保管するための頑丈な箱として、自宅やお店等に置かれているものを想像することができるでしょう。一般的には金庫といえばそういった印象が強いと言えますが、実際には金庫にもさまざまな種類が存在します。


その中のひとつに、貸金庫というものが存在します。貸金庫とは一体どのようなもので、一般的なイメージの金庫とはどういった面で異なるのかについて詳しく見ていきたいと思います。


まず、貸金庫は自宅や店舗等に置かれるものではなく、銀行等金融機関の中に専用のスペースが設けられています。その中の一部のスペースを区切って、銀行等金融機関が個人や法人向けに貸し出すものです。


貸金庫は銀行等金融機関が専用のスペースを貸し出すものですから、利用するには料金が必要です。考え方としては、貸し出すスペースの大きさこそ異なりますが、近年手持ちの荷物の収納スペースとしても定着してきたトランクルームと同様に考えられるでしょう。詳述:トランクルーム・キュラーズ【公式】


貸金庫のひとつひとつの大きさは各銀行等金融機関によって異なります。またひとつの銀行等金融機関の中にもいくつかの種類の大きさが用意されていることもあります。あくまでも「金庫」ですから、それほど大きなものを入れておくことは考えられていないようで、大抵の大きさは高さが10cm前後となっています。もちろんより高さが低い、つまりスペースのより小さいものもあり、各個人の用途により自由に選ぶことができるようです。


貸金庫は、個人や法人の大切な書類や資産となるものを保管するものですから、非常に頑丈なつくりとなっています。セキュリティ面がしっかりとされていることはもちろん、耐震、耐火性にも優れています。


貸金庫はまさに大切な所有物を保管するのに非常に良い場所となっているようです。