貸金庫の活用方法

貸金庫の申し込み方法

貸金庫は個人や法人の大切な所有物を確実に、安全に保管することができるものです。利用したい時にはどのような手続きをとって申し込みをしたら良いのでしょうか。


まず、貸金庫の申し込みをするために、貸金庫を持ちたい銀行等金融機関を選択します。貸金庫を取り扱う銀行等金融機関は非常に多くあり、大手都市銀行のみならず地方銀行でも貸金庫のサービスを提供しています。利用料金はもちろんのこと、自分自身にとっての利便性も考えて選ぶ必要があります。貸金庫は基本的に場所の移動をすることができませんから、支店選びにも注意を払いたいものです。


貸金庫を持つ銀行等金融機関を選んだら、そこで自分自身の口座を開設する必要があります。すでにいくつか銀行口座を持ち合わせている場合には、その中から貸金庫を持つ金融機関を選ぶのも良いかもしれません。


貸金庫を持つための申し込み手続きは、直接貸金庫を申し込みたい銀行等金融機関の窓口にて行うのが一般的です。その銀行等金融機関において口座を保有した上で、通帳と印鑑、そして指定された本人確認書類を持参して申し込みを行います。


申し込みには、原則として貸金庫を利用する本人が出向いて手続きを行うことになっている金融機関が多いようです。金庫に預けるほど大切なものに関わることですので、本人が自身で手続きをする必要があるのです。ただし、本人が貸金庫への出し入れができない時のためにあらかじめ代理人を登録しておくこともできます。本人と代理人登録をしている人以外は貸金庫を利用することはできません。


申し込み手続きが完了すると、銀行等金融機関は利用者の審査を行います。審査の内容は預金残高や取引の実績などで、審査には数日がかかります。この審査が終了すると、貸金庫を利用できる仕組みとなっています。


貸金庫を持ちたい場合には、まず身近に利用できる銀行等金融機関があるかどうか確認してみましょう。